進研ゼミ 進研ゼミを選んだ理由

我が家が、塾や家庭教師ではなく、通信教育を選んだ理由を二つお話しします。

 

一つ目の理由は、自宅に教材が届く通信教育なら送迎の負担がなく、急な都合で欠席しなくてすむから。

 

私は車の運転をしません(正確には運転できません(-_-メ))、下の子が風邪をひいたり、お天気が悪いとき、自分自身が疲れている日もある。

片道10分、15分の道のりでも毎週だとなかなかハードです。

その点、通信教育なら送迎の心配がないし、時間や曜日も自由にカスタマイズできます。

 

二つ目は、学校以外の学習は、こどもたちそれぞれに合わせた内容、量、やり方を選んであげたいと思ったから。

 

得意なことは少しレベルアップさせて、苦手なことはゆっくりと、なんてこともできます。

学習の時間帯や曜日も自由ですし、1回の勉強量も本人の好きなように選べるところが魅力。

 

お教室で先生やお友達と一緒に学ぶ楽しさや大切さもありますよね。

 

でも、それは学校でしていますので、習い事としてのお勉強は自由なスタイルがいいなというのが我が家の方針です。

 

自由なスタイルを選びたかった理由は、自分にとってどんな学びが必要なのか、やりたいことがたくさんある中でいつ何を優先させるのか、そういったことも身に着けていってほしいなという願いがあったからです。

 

もちろん、当時、幼稚園の6歳ですから、ただただ教材が楽しくて続けていたという感じだったと思いますが。

 

上の子は中学生、下の子も小学校高学年になった今、自分で決めた時間に、積極的に学習するというスタイルが身についたんじゃないかなと思います。

 

勉強が苦しい修行ではなく、知識を学び、考えることは楽しいことだと感じてくれているんじゃないかなと。

 

せっかく勉強できる恵まれた環境がある。

 

だったら、楽しんでほしい。

 

 

 

 

進研ゼミ テキスト派?タブレット派?

進研ゼミ、小学講座、中学講座では、「紙のテキスト」か「オリジナルタブレットのチャレンジタッチ」どちらで学習するかを選ぶことができます。

 

紙のテキストは、従来のドリルの様な感じで、紙のテキストに直接書き込んで学習します。

 

メリットは、学習の進み具合や学習内容の定着度を親が把握しやすい点です。

 

オリジナルタブレットのチャレンジタッチは、パソコンのタブレットに毎月の学習内容が配信されタブレット画面をタッチしながら学習をします。

説明も丸付けも全てチャレンジタッチがボタン一つでしてくれます。

 

長い説明を読むのが苦手、動く映像で説明された方がイメージしやすいおこさんには、ぴったりです。

 

親の負担も軽く、忙しいママにもメリットの多い学習方法です。

 

学習の進み具合は、登録している親のメールに送られてきますので安心です。

 

ここまで読んで、さあ、どちらにしようか・・・迷いますよね。

 

おススメは、学習習慣が身につく小学生低学年くらいまではテキストがいいと思っています。

 

理由は、「計画通り学習が進んでいない」「学習しているように見えて内容が理解できていない」といった問題が後になって発覚!ということを防ぐためです。

 

始めのうちは、一緒にテキストを広げ、つまずいているようなら声をかけるといったサポートをしてあげることが大切だと思います。

 

我が家は、小学校3年生頃からテキスト学習がマンネリになってしまい・・・4年生からチャレンジタッチに切り替えました。

 

チャレンジタッチは、こどもにとって「かっこいい!」アイテムで、かなりテンション上がっていました⤴⤴ヾ(≧▽≦*)o

学習を終えると遊べるゲームもありますし、電子書籍で読書も楽しめます。

 

親としても丸付け等から解放され、学習を任せられるようになりました。

 

まずは、無料で資料と体験教材を取り寄せてみましょう!

 

 

 

 

進研ゼミ うちの子は続くのか?

通信教育を始める時の一番の悩みは・・・

 

「うちの子に続けられるのかしら?」

 

これじゃないでしょうか?

 

励ましてくれる先生も一緒に頑張るお友達もいない。

 

ゲームやマンガやYouTubeの誘惑に囲また自宅で、本当に一人で勉強できるのか?

 

こどもの「頑張る!」「やってみたい!」という気持ちを応援してあげたいけど・・・不安に思われるご家庭もあるはず。

 

進研ゼミのメリットの一つは、費用と継続のハードルが低いことだと思います。

 

費用についてですが、入会金は不要、受講費(小学講座・一年生の場合 月3680円)のみ、最短2か月から受講できます。

 

4月に入会し、4月と5月の2か月受講後、もしお子さんに合わないようであれば退会できます。学年の途中の月(夏休みの7月号から、2学期の9月号から)でももちろん入会可能です。

 

ですから、おこさんが「やってみたい!」と言ったタイミングで始めることができます。

 

継続できるかは、もちろん個人差がありますが、進研ゼミはこどもが続けたくなるような工夫がたくさんある教材です。

 

例えば、月末に「赤ペン先生」という確認テストがあり終わったら進研ゼミに送り先生に添削してもらいます。

添削後にもらえる努力賞ポイントを集め、いろいろなプレゼントと交換ができます。

 

我が家でも、このプレゼントがこどものモチベーションアップ⇈になっていました。

 

チャレンジタッチという専用タブレットを使って受講する場合、タブレットを起動するとキャラクターが話しかけてくれたり、計算や漢字練習もゲーム感覚でタブレット学習ができます。

 

このように楽しみながら学べるための工夫がいっぱいの教材なので、続ける楽しみを味わえると思います。

 

無料で資料請求ができますので、一度、体験教材を試してみるのがおススメです!

 

 

 

 

SDGs~コーヒー一杯に水210リットル必要!?

コーヒー一杯に必要な水の量が、210リットル???

 

「え?210リットル?」

 

「お風呂じゃないんだから」そう思われる方も多いと思います。

 

環境省によると、コーヒー一杯に必要なコーヒー豆=10グラムを育てるためには、210リットルもの水が使われているそうです。

 

食料を輸入するということは、原産国の水を輸入していると考えることができるんです。

 

食料の輸入が多い国は自国の水を使わずに済む、反対に輸出が多い国は自国の水を多く使って栽培する必要がある、と言い換えられます。

 

SDGs目標6 安全な水とトイレを世界中に

 

お買い物の時や外食の時、世界の水不足やその食品の生産に使われる水の量や水道のない暮らしをしている人々のことを少し意識してみてもいいかもしれませんね。

SDGs~本当に食料不足なの?

国連食糧農業機関は、世界では毎年26億トンの穀物が生産されている、と発表しています。

 

しかし、ユニセフの調査によると、世界で飢餓に苦しむ人は6億8780万人にのぼるそうです。

 

もしこの26億トンの穀物を世界中の全ての人で分け合ったら、一人当たり年間約340キログラムの穀物を食べられることになります。

 

ちなみに厚生労働省によると、日本人が一人当たり食べる穀物の量は年間約154キログラム!

 

ということは、世界中の人が十分に食べられるだけの穀物がすでに生産されていることになります。

 

では、なぜ6億8780万人もの人々が今も飢餓に苦しんでいるのでしょうか?

 

原因の一つは、地球の気候変動があげられます。

 

近年、地球温暖化や異常気象のニュースを耳にしますが、こういった気象変動が起こることで食料の安定した生産ができなくなってしまいます。

 

食料が不作になれば、各国は必要な食料調達を輸入に頼ることになります。

 

しかし途上国では海外から食料を買い付ける十分な資金がない、買い付けた食料を全ての国民に届けるための交通機関が整備されていない、こういった問題により必要なところに食料が届けられないのです。

 

また、先進国で消費される牛や豚などの家畜の飼料として穀物が使われることで、穀物自体の価格も高騰し、ますます途上国の人々の手に入らない状態が続いているのです。

 

本当は十分な食料があるはずなのに・・・

 

 SDGs 目標2 飢餓をゼロに

 

小さくてもいい、地球のためにみんなのために自分にできる取り組みを継続していくことが大切ですね。

進研ゼミ 唯一続いているこどもたちの習い事 

我が家には、二人のこどもがいます。

 

一人は中学生、もう一人は小学生。

 

現在、習い事はしていませんが、通信教育の進研ゼミだけは幼稚園の時からずっと受講しています。

 

とくに私から勧めたのではなく、TVのCMや毎月届くDMにがっちりハートをわしづかみにされ( ;∀;)・・・

 

幼稚園年長さんの時に平仮名や簡単な計算が理解できていたので、かなり悩みましたが年長さんで小学一年生講座をスタートしました。

 

毎月届く教材をそれはそれは心待ちにしてヾ(≧▽≦)ノヾ(≧▽≦)ノ

 

本当にすごい教材なんですよ!!!

 

こどもを飽きさせない工夫があちこちにありますし、親へのサポートも充実しています。

付録も魅力いっぱい。

 

いつも届くと数日以内に一か月分の学習が終わってしまう・・・

 

 「勉強、勉強、また勉強」ではなくのびのび育ってくれたらいいなと思っていますが、自主的に積極的に学習してくれるぶんには大歓迎ヾ(≧▽≦)ノですよね。

 

そんなわけで、進研ゼミの小学講座と中学講座のお世話になっております。

 

 

 

 

 

 

 

次回からは、進研ゼミについてもう少し深堀りしていきましょう!

SDGs~ギフト

コロナの影響もあり日頃のお疲れが溜まっている方も多いと思います。

 

今は会えない家族や友人も元気かな・・・心配ですよね。

 

こんな時だからこそ自分自身や大切な方にプチギフトを贈ってみるのもいいかもしれませんよね。

 

素敵な香りに包まれて体も心もリラックスできるTHE BODY SHOPのギフトはいかがでしょうか?

 

フラワーやフルーツ等のバラエティー豊かな香りを楽しめるコスメがいっぱいです。

 

THE BODY SHOP 

 

今、THE BODY SHOPでは、「コミュニティフェアトレード」という取り組みをしていて「世界の貧困地域に経済的自立と自由を。」をスローガンにしているそうです。

 

自分や大切な方へのギフトが、商品を作ってくれる人たちの幸せに繋がる素敵な取り組みですね。